カレンダー

プロフィール

カイリetc.

Author:カイリetc.
出身:茨城

所在地:茨城

ステータス:その木なんの木系社会人

性別:男

誕生日:1986/6/5

血液型:B型

アビリティ:2級小型船舶操縦免許(1マイル限定、特殊、特定)、無線従事者免許(4級アマ)、基本情報技術者、応用情報技術者

嫌いなこと:予定をたてること

苦手なこと:予定を守ること

カメラ:
ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P3
コンデジ CASIO EXILIM EX-S200

相互リンク歓迎~(ノ゜ρ゜)ノ

最近の記事

カウンター

カテゴリー

コメント

データ取得中...

リンク(登録順)

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:一切経山・東吾妻山
その壱

酸ヶ平を後にして一切経山へ。

直登ルートと合流する辺りを過ぎると、周囲に植物の姿が少なくなってきます。

もうすぐ山頂

振り返ると吾妻小富士の火口を一望。

吾妻小富士

08:08 一切経山山頂
標高1949m

今回1つめのピークとなる一切経山の山頂に到着。

登山道と反対方向に進むと、紺碧色の水面をきらめかせる五色沼が。

一切経山:五色沼

『魔女の瞳』とか『吾妻の瞳』などと呼ばれている神秘的な風景です。

今回のお目当てポイントがここ。

十分に風景を楽しんだら酸ヶ平へと来た道を引き返します。

途中で、これから向かう鎌沼が望めました。

一切経山

08:47 酸ヶ平
標高1760m

再び酸ヶ平に降り立ったら、次は湿原を突っ切って鎌沼方面を目指します。

湿原に点在する池塘周りにはワタスゲの姿が大量に見られました。

酸ヶ平

ついでにカモの親子連れとも遭遇。

酸ヶ平

親ガモの後を大量の子ガモが追走。

めちゃくちゃなごむ・・・

湿原を過ぎるとすぐに鎌沼の畔に到着。

鎌沼

岸に沿って敷かれている木道を進んで、次は東吾妻山を目指します。

またまた分割!



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

タグ : 一切経山 東吾妻山

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © それなりの毎日 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。