カレンダー

プロフィール

カイリetc.

Author:カイリetc.
出身:茨城

所在地:茨城

ステータス:その木なんの木系社会人

性別:男

誕生日:1986/6/5

血液型:B型

アビリティ:2級小型船舶操縦免許(1マイル限定、特殊、特定)、無線従事者免許(4級アマ)、基本情報技術者、応用情報技術者

嫌いなこと:予定をたてること

苦手なこと:予定を守ること

カメラ:
ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P3
コンデジ CASIO EXILIM EX-S200

相互リンク歓迎~(ノ゜ρ゜)ノ

最近の記事

カウンター

カテゴリー

コメント

データ取得中...

リンク(登録順)

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:山梨 武田信玄
昨日の続き

杉の木を眺めながら縁側(のような所)を進むと、正面に武田信玄の墓が見えてきます。

CIMG0625.jpg


近づけないのが少々残念ですが、荒らされないためには当然の処置なんでしょう。

次に見えてくるのは武田信玄家臣の墓です。

CIMG0626.jpg


本来、こういう墓は墓守の命を受けている一族が管理しているはずなのですが、いつの頃からか永代供養となっているらしく、すっかり苔むしていました。

観光地としてはこっちの方がいいのかも知れませんが、墓地としては悲しい感じですね。

で、寺院の中にはこんな場所も。

CIMG0628.jpg


どこの観光地に行ってもよく見かけるのは、小銭が投げ込まれている所と小石が積まれている所って感じですか?

一人動けば三人動き、三人動けば1ダース動く、とかいうのが群集心理だそうですが、ようは人の真似をしてみましたってことでここに投げ込むならちゃんと賽銭箱に投げ込んでやれよという話。

とまぁ、そんな感じで一通り見てから外に出ると、隣接する武田信玄秘宝館の前にはこんな奴も出現。

CIMG0634.jpg


よっぽど人なれしてるのか、撫でても小突いても引っくり返しても全く動じません。

観光地のってのは別の生き物なんじゃないか?

近くの休憩所には巨峰ソフトクリームという文字

CIMG0635.jpg


試しに買ってみましたが、う~ん 微妙

巨峰風味であることは確かだけど、酸味だけが強すぎてあまり美味しくなかったですね。

と、言ったところで、ご当地物の食べ物は見かけたら取りあえず食ってみるってのが常識(?)ですから、味は二の次なんですけどね。

こんなもんでいいかな?

次回からは久遠寺編に写ります。

・・・・・

おまけでこんな写真もどうぞ。

CIMG0636.jpg

スポンサーサイト

タグ : 武田信玄 ソフトクリーム 巨峰 久遠寺 写真

DATE: CATEGORY:山梨 武田信玄
早売りのマガジンを買おうかと思いきや、店が閉まってて肩透かし。

予定は明日に繰り越しです。

ってな訳で、山梨写真とか貼っていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の旅行の明確な目的地は二つ。

武田信玄の墓所のある恵林寺と、家の宗教となっている日蓮宗の総本山、身延山にある久遠寺です。

武田信玄の墓は火葬された場所にも立っているとのことですが、菩提寺となている恵林寺に行ってみることにしました。

ってことで、大まかに地元茨城からのルートを書きますと、谷和原ICより常磐道に乗り、三郷JCTから外環へ。

そのまま関越に入り、鶴ヶ島JCTから圏央道、八王子JCTから中央自動車道に入って、あとはひたすらぶっ飛ばせば山梨です。

甲府南で降りたら適当に走ってりゃ着きます。

着かなくても苦情は受け付けません。

面倒くさくなっただけだろ、という実に見当はずれなツッコミも聞きません。

・・・・・

続けます。

で、上記の通り適当に走って着いた恵林寺がここ。

CIMG0620.jpg


観光客はやっぱり多いですね。

中に入ると、目の前にでかでかと風林火山の屏風がありました。

CIMG0630.jpg


元々は「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」からきた言葉で、さらに元をたどれば孫子の「其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆」の引用です。

某少年誌の某格闘テニス漫画でも使われてるので、そっちから知った人もいるのかな?

ともあれ、順路にそって歩くと、左側にデカイ鬼瓦がおいてあります。

CIMG0621.jpg


元々は寺院の屋根にあったのでしょう。

そのころは前面瓦葺だったであろう屋根も、手入れが面倒なのか、別の物に変わってました。

何て言ってたっけかな?

忘れた。

んでまぁさらに進んでいくと、ここはうぐいす廊下ですね。

CIMG0623.jpg


近くには「うぐいす廊下は静かに渡りましょう」との看板も。

なるほど、確かに歩くとそれっぽい音が。

擬音にすると安っぽくなるので止めておきますかね。

と、ノンビリ歩いてると後ろから団体さんがご到着。

うぐいす廊下も大人数で歩かれるとやかましくてたまりませんね。

むしろ「壊れるんじゃねか?」というボンボンボンのおばちゃんがいたりして、体重制限とかないのかなここ?

しかしまぁ、敷地のなかは見事に杉の木だらけ。

CIMG0624.jpg


花粉症の人とか、最盛期にはつらいだろうな~ とか他人事なことを考えながら次回に続く、と。

タグ : マガジン 山梨 写真 武田信玄 恵林寺 久遠寺 菩提寺 風林火山


copyright © それなりの毎日 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。