カレンダー

プロフィール

カイリetc.

Author:カイリetc.
出身:茨城

所在地:茨城

ステータス:その木なんの木系社会人

性別:男

誕生日:1986/6/5

血液型:B型

アビリティ:2級小型船舶操縦免許(1マイル限定、特殊、特定)、無線従事者免許(4級アマ)、基本情報技術者、応用情報技術者

嫌いなこと:予定をたてること

苦手なこと:予定を守ること

カメラ:
ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P3
コンデジ CASIO EXILIM EX-S200

相互リンク歓迎~(ノ゜ρ゜)ノ

最近の記事

カウンター

カテゴリー

コメント

データ取得中...

リンク(登録順)

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:一切経山・東吾妻山
その壱

その弐

09:25 姥ヶ原
標高1775m

姥ヶ原分岐に到着。

姥ヶ原

四方から木道が交差する、なんかカッコいい場所でした。

ここを直進した先が東吾妻山です。

木道が切れた所からが登山道になります。

こっちの道は何て言うかもうボロボロでしたねw

連日の雨の影響とかもあるんですかね?

木で作られたステップなんか、地面が削られてハードルみたいになってました。

東吾妻山

これじゃもう邪魔にしかなりません( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

そんな感じで苦労しながら登山道を進んでいくと、突然視界が開けます。

東吾妻山

ここまで来ると山頂はすぐそこです。

10:20 東吾妻山山頂
標高1975m

今回2つ目のピークに到着。

振り返ると鎌沼や一切経山(写真右から2番目のハゲ山)がよく見えます。

東吾妻山

さてさて山頂でちょこっと休憩を取ったら、姥ヶ原方面へ来た道を引き返します。

10:50 姥ヶ原
標高1775m

再び姥ヶ原に着いたら、今度は十字路をビジターセンター方面へ。

木道を緩やかに下っていくと、次第にビジターセンターが見えるようになってきました。

姥ヶ原

ゴールはもうすぐ。

でも右から雲が来てますね。

こりゃもうすぐガスるかもしれません。

木道が終わり道は次第に樹林帯の中へ。

姥ヶ原

木に遮られて風が無いため暑いんですが、これはこれで雰囲気のいい道ですよね。

11:51 浄土平
標高1575m

スタート地点の浄土平に無事に帰還です。

何とか午前中で帰ってこれましたね。

午後からはたぶん天気も崩れるだろうし。

なんて思ってると、周囲は次第にガスりだし、駐車場について30分もしないうちに山の方は真っ白になってなにも見えなくなっちゃいました。

いいタイミングで帰ってこれたもんですね、ほんとに(= ̄∇ ̄=)

そんな感じで午後もまるまる空いたので、下山後は近くの温泉にノンビリつかって2時間ほど仮眠。

喜多方市に移動してラーメン食して帰宅って流れになりました。

って事で今回はお終い!

次は7月後半の3連休かな~



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

タグ : 一切経山 東吾妻山

DATE: CATEGORY:一切経山・東吾妻山
その壱

酸ヶ平を後にして一切経山へ。

直登ルートと合流する辺りを過ぎると、周囲に植物の姿が少なくなってきます。

もうすぐ山頂

振り返ると吾妻小富士の火口を一望。

吾妻小富士

08:08 一切経山山頂
標高1949m

今回1つめのピークとなる一切経山の山頂に到着。

登山道と反対方向に進むと、紺碧色の水面をきらめかせる五色沼が。

一切経山:五色沼

『魔女の瞳』とか『吾妻の瞳』などと呼ばれている神秘的な風景です。

今回のお目当てポイントがここ。

十分に風景を楽しんだら酸ヶ平へと来た道を引き返します。

途中で、これから向かう鎌沼が望めました。

一切経山

08:47 酸ヶ平
標高1760m

再び酸ヶ平に降り立ったら、次は湿原を突っ切って鎌沼方面を目指します。

湿原に点在する池塘周りにはワタスゲの姿が大量に見られました。

酸ヶ平

ついでにカモの親子連れとも遭遇。

酸ヶ平

親ガモの後を大量の子ガモが追走。

めちゃくちゃなごむ・・・

湿原を過ぎるとすぐに鎌沼の畔に到着。

鎌沼

岸に沿って敷かれている木道を進んで、次は東吾妻山を目指します。

またまた分割!



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

タグ : 一切経山 東吾妻山

DATE: CATEGORY:一切経山・東吾妻山
大学で同期の女の子から「クロスバイクが欲しいんだけど、何買えばいいの?」という電話が来ました。

なんでも会社で同期の女の子3人がTREKのクロスバイクを買ったんだとか。

是非お近づきになりたいもんです。

近々群馬の実家に帰る予定があると言う事なので、取りあえず大学時代にお世話になっちゃチャリンコ屋を紹介しておきました。

後日の報告を見ると、どうやらその子もTREK買ったらしいです。

大人気だなTREK・・・



久しぶりのトレッキング報告!

7月7日に福島県北部まで足を延ばし、一切経山・東吾妻山に行ってきました。

本当は尾瀬に行くつもりだったんですが、前日の天気予報で「場所によっては雷雨の可能性も・・・」なんて言ってるもんだから急遽変更に。

まぁ、結局尾瀬の方も1日中雨は降らなかったみたいなんですけどね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

とりあえず今回のルートはこんな感じ。


より大きな地図で 2011_0707_一切経山・東吾妻山 を表示

スタート地点の浄土平ビジターセンターまでは磐梯吾妻スカイラインを利用。

有料道路のはずなんですが、なんか無料で通れちゃいました。

なんでだろう?

磐梯吾妻スカイラインは途中の展望も抜群で、荒涼とした地形の中も走るカッコいい道路でした。

磐梯吾妻スカイライン

スカイラン途中のビジターセンターに車を停め、トレッキング開始です。

2011年7月7日(木)
06:38 浄土平
標高1575m

準備とトイレを済ませて浄土平をスタート。

まずは浄土平の木道を進んで登山道に入ります。

浄土平も木道

登山道に入るとすぐに一切経山直登ルートとの分岐に。

直登ルート分岐

なんですが、火口付近を通る直登ルートが火山ガスの影響で立入禁止になってました。

本当はこっちを通るつもりだったんですが、しょうがないので迂回です。

まぁ、ガスの噴気音がビジターセンターの方での聞こえるくらいですから、当然っちゃ当然なんですかね。

気を取り直して樹林帯の中を進んで行きます。

雨で地面が濡れている

06:55 酸ヶ平・姥ヶ原分岐
標高1596m

酸ヶ平・姥ヶ原の分岐に到着。

酸ヶ平・姥ヶ原分岐

ここは右の酸ヶ平方面へ。

視界が開けて目の前に一切経山が見えてきます。

一切経山

07:30 酸ヶ平
標高1760m

山道が終わり木道が始まると、間もなく酸ヶ平に到着です。

酸ヶ平

鎌沼方面との分岐を後にし、一切経山の山頂を目指します。

長いので分割!



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

タグ : クロスバイク 一切経山 東吾妻山


copyright © それなりの毎日 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。