カレンダー

プロフィール

カイリetc.

Author:カイリetc.
出身:茨城

所在地:茨城

ステータス:その木なんの木系社会人

性別:男

誕生日:1986/6/5

血液型:B型

アビリティ:2級小型船舶操縦免許(1マイル限定、特殊、特定)、無線従事者免許(4級アマ)、基本情報技術者、応用情報技術者

嫌いなこと:予定をたてること

苦手なこと:予定を守ること

カメラ:
ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P3
コンデジ CASIO EXILIM EX-S200

相互リンク歓迎~(ノ゜ρ゜)ノ

最近の記事

カウンター

カテゴリー

コメント

データ取得中...

リンク(登録順)

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:沖縄2010
ここのところ、中々の忙しさが続いてます。



その壱

その弐

その参

その肆

その伍

その陸

その漆

9月16日(木)

沖縄5日目、最終日は首里城から。

言わずと知れた沖縄の観光地。

琉球王朝の王宮として、王族の居住地であったと共に、王国統治の行政機関としても機能していました。

しかし、廃藩置県によって国王が追放され、沖縄県になると首里城は急激に荒廃。

その後、旧日本軍の駐屯地、本営としての役割も担ったため、太平洋戦争にてアメリカ軍の攻撃により廃墟に。

現在の首里城は、過去の文献や資料をもとに、1992年に復元されたものとなります。

駐車場に車を止め、首里城に向かって歩いて行くと、最初に見えてくるのは守礼門。

守礼門

さすがは首里城と言いますか、平日だというのに凄い人。

この守礼門の前は人気の記念撮影ポイントなので、特に密度が濃いように感じます。

常にどこかしらのグループが記念撮影している状態。

で、ここから直で本殿に向かうのも勿体ないので、ぐるぐると首里城公園の中を回ってみる事に。

旧陸軍司令部壕

ガジュマルに覆われた旧陸軍司令部壕。

別名『天岩戸戦闘司令所』と呼ばれ、総延長距離は千数百メートルにも及んだとか。

こちらは司令部壕近くの龍潭(りゅうたん)という人工池の畔にいたバリケン(ノバリケン)という鳥。

ノバリケン

近くで見ると中々にグロいお顔です。

近寄っても逃げる様子は全くなし。

餌をあげる人に間違われているのか、観光客が餌をやっていくのか知りませんが、こちらの後をテクテクと付いてきます。

ハイビスカス

そう言えば撮ってなかったな、とハイビスカスなども。

とまぁ、そんな感じで汗だくになりながら(本当に暑かった)到着しました、こちらが首里城本殿です。

首里城

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪っとなるハズでしたが、何だか微妙・・・

右半分が漆の塗り直し作業中みたいです。

そういう情報を一切調べて来なかったもんで、期待値との落差が( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

首里城のシンボルとも言うべき『朱』の色を守るためには、どうしても必要な処置らしいです。

首里城 玉座

ちなみにこちらが首里城の玉座。

豪華できれいですが、「座り心地は悪そうだよな・・・」なんて事を思ってみたり。

さて、首里城の後は土産物屋が軒を連ねる国際通りへ。

沖縄最終日も午後に突入し、ここらで一気にお土産を買い漁ります。

国際通り

沖縄の土産は一通り揃いそうな勢いですね。

そんな中で、やっぱり目を引くのはこういう物でしょうか。

シャー

滋養強壮にいいとされるハブ酒。

その栄養素の元はハブ毒なんだとか。

良質の泡盛を使って付け込んでいるので、味は意外にまろやかという話。

もっとも、飲んでませんし買ってませんので、味の方の真偽は分かりませんけどね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

で、この後は空港に移動して空路で羽田へ。

眠い目をこすりつつ車で群馬へ向かい、大学で解散となりました。

とまぁ、こんな感じでやっとこさ全行程の報告終了です。

ぐだぐだ報告に長々とお付き合い頂き、感謝感謝です。

道中から既に「次は離島に行きたいな~」なんて話も出ていますが、学生身分で迎える夏休みはこれが最後。

機会を作って行くつもりではいますが、さてさて次はいつになることやら。



にほんブログ村 大学生日記ブログへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

タグ : 沖縄 首里城

DATE: CATEGORY:沖縄2010
ネットワークスペシャリストの受験票が届きました。

そして案の定、全く勉強してません( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

試験日まではもう2週間を切ってます。

今から頑張れば、何とかなるもんかな・・・



その壱

その弐

その参

その肆

その伍

その陸

ウェイクボードでぼろぼろになった体を引きずって、お次は斎場御嶽(せーふぁうたき)に向かいます。

御嶽(うたき)とは琉球の信仰における聖域の総称で、斎場(せーふぁ)には『最高位』という意味があります。

すなわち斎場御嶽とは、最高位の聖域、という事。

沖縄各地に点在する御嶽の中でも、最もランクが高い場所になります。

琉球の信仰では神事を司るのはノロと呼ばれる女性の役目であり、ここ斎場御嶽も元来は男性と一般女性は立ち入り禁止の場所。

国王など重要な役職の男性がどうしても立ち入る必要があるときは、女装して入る必要があったとか。

三庫理

これは三庫理(さんぐーい)と呼ばれる、地震によってできた三角形の洞門。

先にすすめばチョウノハナという拝所があり、そこからは琉球神話において神の島とされる久高島を望む事ができました。

斎場御嶽から久高島

斎場御嶽の後は、おきなわワールドへ。

お目当ては玉泉洞です。

ここは高校の修学旅行でも来たので2回目の訪問になります。

やっぱり、こういう薄暗い場所では一眼レフが力を発揮しますね。

玉泉洞1

玉泉洞2

玉泉洞3

玉泉洞を出たところでちょっと休憩。

4人でヤシの実ジュースを飲んでみる事に。

よいしょー

「よいしょー(笑)」の掛け声と共にヤシの実に鉈を振り下ろすおばおねーさん。

こんな感じになりました。

ヤシの実ジュース

カップルでストロー2本なら丁度いい感じなんでしょうか?

量的には4人で丁度でしたけどね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

こちらはサービスで出してくれました。

ヤシの実の果肉

ヤシの実の果肉です。

ワサビ醤油で食べるんだとか。

ジュース・果肉共に初体験でしたが、どっちも中々に美味しかったです。

ってな感じで4日目終了。

次回からいよいよ最終日です。



にほんブログ村 大学生日記ブログへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

タグ : ネットワークスペシャリスト 沖縄 琉球 おきなわワールド

DATE: CATEGORY:沖縄2010
昨日は内定式でした。

説明会の段階では「30人くらいは取るつもりです」って話だったんですが、いざ行ってみると内定者はたったの5人。

不景気って事で大幅削減になったらしいです。

削減し過ぎって感じですが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

まぁ、おかげで同期の顔と名前があっという間に覚えられたんで、その辺は有難かったかも。

ちなみに、mixiにもこの事を書いたんですが、そこに「内定者は俺だけだったよ。覚えるべき顔と名前がねぇ!!」ってコメントが。

まだマシなのかとも思ったり。



その壱

その弐

その参

その肆

その伍

9月15日(水)

沖縄4日目は海から始まります。

取りあえず全員でバナナボート。

バナナボート

係員のおにーさん曰く「カーブの時は上手く体重移動してくださいね」との事だったので、転覆させるべく、俺だけ全力で逆方向に体重をかけてました。

が、ひねくれた事はするもんじゃないというか、俺一人だけずるっと滑り、「一人で死ぬまい落ちるまい!」と必死でしがみ付いた結果、ケツだけ水面についてズギャギャギャギャーと削られるはめに。

水着脱げなくてよかった・・・

で、その後はウェイクボード。

4人とも初挑戦なんですが、おにーさん曰く「始めてで立てる人は50%くらいかな~」との事。

ウェイクボード

↑という訳で、最初の挑戦者、俺。

この後、見事に顔面から水中に没しました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

海水しょっぱい・・・

でも、後半になれば普通に立ち上がって真っ直ぐ滑るくらいは出来るようになりました。

もっとも、ちょっと大きい波を乗り越えると、その瞬間に水没でしたが。

まぁ、初挑戦でそうそう上手くはいかないですよね。

と思っていたら、そこに突き付けられる現実。

ひゃっほー

なんだか異様に上手いI崎氏。

A岡氏も非常に上手く、ファーストトライから立ち上がりやがったんですが、それすら霞むはしゃぎっぷりです。

おにーさんのテンションも段々と上がっていったようで、この時けん引のジェットスキーの方に同乗していたY上嬢が言うには「(姿勢が)キレイだよ!」を連呼していたとか。

その辺りも詳細にムービーに収めたかった気も。

で、一人20分くらいの持ち時間を終える頃には全員ヘロヘロに。

握力と太もも、左の広背筋にかかる負担が半端じゃなく、浜に帰るためにボードを脱いでジェットスキーによじ登るのもままならない状態でした。

案の定、群馬に帰ってから筋肉痛に悩まされる事に。

そしてこの時点で時刻はまだ13時過ぎ。

ヘロヘロのまま、午後の部に突入です。

ってことで、つづく、と。

でも、おかしいな。

俺も予定ではこれくらいは出来るハズだったのに。





にほんブログ村 大学生日記ブログへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

タグ : 内定式 沖縄 ウェイクボード

DATE: CATEGORY:沖縄2010
沖縄への同行者の一人であるY神嬢ですが、正確にはY上嬢である事が判明しました。

研究室で友人に指摘されて発覚。

素で間違えてました。

てか、携帯に登録されている名前ですら『神』バージョンなんですから、数年来の勘違いですよ、これ。

取りあえず訂正した事と、お詫びをここに、ということで。



その壱

その弐

その参

その肆

シュノーケリングの後は、疲れた体を引きずって城巡りへ。

まずは勝連城跡。

勝連城 三の郭へ

勝連城は築城が12世紀とも13世紀とも言われ定かではありませんが、最も栄華を極めたのは15世紀の10代目城主、阿麻和利(あまわり)の時代だとされています。

阿麻和利は、琉球王国へ王権が安定していくさなか、最後まで王府に抵抗を続けた人物だそうです。

首里国王の忠臣であった護佐丸を攻め滅ぼし、さらに王権奪取も目指しましたが、力及ばず王府軍の前に敗れ去ったとか。

三の郭から

↑は三の郭。

気分は仙人

一の郭から下界を見下ろすI崎氏。

勝連城は山を利用して造られているので、見晴らしが非常によかったです。

で、お次は中城跡。

上でちょっとふれましたが、首里国王の忠臣であった護佐丸の城がここ中城です。

沖縄の城の中でも、特に遺構が綺麗な状態で残っているのだとか。

まずは裏門

ここ中城は、順路通りに進んで行くと最初に裏門が見えてくるという、見学する上ではちょっと変わった構造になってます。

暑い・・・

それにしても暑い・・・・・

移動中にはちょくちょく雨が降ったり、激しいスコールに巻き込まれたりしたんですが、どうにも城を見学しているときに限ってこれでもかってくらいの陽射しに見舞われます。

写真を撮るうえでは青空がきれいに写ってくれてありがたいんですが、貧弱な体には堪えます( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

で、こちらが中城の本殿跡。

中城 本殿

なんですが、ここはまだ発掘中なのか、ブルーシートに覆われてました。

ちょっと残念。

ちなみに写真奥に見える廃墟は、完成したまま使われる事なく放置されたホテルなんだとか。

中城の券売所近くの売店で、地元のおばちゃんがそんな事を話しているのを小耳にはさみました。

ってな感じで3日目は終了です。

次回、4日目に続く~



さてさて明日は内定式。

朝7時11分の電車。

早いよ・・・



にほんブログ村 大学生日記ブログへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

タグ : 沖縄 勝連城 中城

DATE: CATEGORY:沖縄2010
昨日は大学のオープンキャンパスでした。

研究室にも高校生がゾロゾロと。

高校生の案内や研究室での説明は全部後輩が受け持っていて、俺は普通に過ごしていればよかったハズなんですが、持ち時間20分のうち10分でしゃべる内容が尽きてしまった4年生に「どうしましょう?」的な顔をされ、なんだか俺もアドリブで色々としゃべる事に。

5分しゃべった辺りでそれも限界を迎えましたが、そのくらいなら許容範囲だったようで、「じゃ次の研究室に」って事になってくれました。

いや、予想外に疲弊しちゃいました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ



その壱

その弐

その参

9月14日(火)

沖縄3日目は青の洞窟シュノーケリングから。

はじめてのウェットスーツ

ウェットスーツを着てポイントに向かいます。

写真の隅に黒いふちが見えるのはデジカメの防水プロテクターのせい。

汎用なので使うデジカメを選らばないのはいいんですが、やはりぴったりという訳にはいきませんね。

両手を使ってしっかり撮れば写り込まないんですが、歩きながらだと難しいです。

で、こちらが青の洞窟

青の洞窟 水面

青の洞窟 水中

写真を見ると確かに綺麗なんですが、実際は溢れかえんばかりの人人人で、順番待ちの芋煮状態。

後ろから次々と人が来るのでゆっくりと写真も撮れないし、他の人を蹴るは蹴られるはで、中々に壮絶なものでした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ガイドのおねーさんが言うには、ここに来るのは冬のがオススメだとか。

人はいないし水は澄んでるしで、低い水温もウェットスーツを着てれば何とかなるらしい。

機会があれば今度は冬に来てみたいもんです。

洞窟を出た後は、そのまま泳いでスタート地点へ。

ここからは完全に水族館状態でした。

シュノーケリング1

シュノーケリング2

手に持った魚肉ソーセージに群がってくる魚たち。

触れそうで触れません。

いや~、楽しかった。

次はダイビングの方もやってみたいですね。

ちなみに自分、シュノーケリングはこれが初体験だったんですが、水面に顔を付けてるのに息が出来るって感覚には慣れないもんですね~。

ついつい息を止めてしまいます。

これに慣れ過ぎたら素潜りの時でも息をしようとしちゃうのかな~、なんて思ったりも。

そして防水タイプのデジカメも欲しくなりました(= ̄∇ ̄=)

つづく。





にほんブログ村 大学生日記ブログへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


タグ : 沖縄 シュノーケリング 青の洞窟


copyright © それなりの毎日 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。