カレンダー

プロフィール

カイリetc.

Author:カイリetc.
出身:茨城

所在地:茨城

ステータス:その木なんの木系社会人

性別:男

誕生日:1986/6/5

血液型:B型

アビリティ:2級小型船舶操縦免許(1マイル限定、特殊、特定)、無線従事者免許(4級アマ)、基本情報技術者、応用情報技術者

嫌いなこと:予定をたてること

苦手なこと:予定を守ること

カメラ:
ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P3
コンデジ CASIO EXILIM EX-S200

相互リンク歓迎~(ノ゜ρ゜)ノ

最近の記事

カウンター

カテゴリー

コメント

データ取得中...

リンク(登録順)

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:尾瀬
安心して外に洗濯物を干せない天気が続きますね。

今日もみごとなゲリラ豪雨(というか夕立?)でした。



その壱

その弐

その参

沼尻休憩所を後にし、尾瀬沼一周の続きに入ります。

の前に、休憩所付近の写真を少し。

沼尻休憩所からの尾瀬沼

沼尻休憩所から望んだ尾瀬沼です。

ニッコウキスゲとおっちゃん

こちらは木道の間から顔を出すニッコウキスゲ。

後ろに写っているおっちゃんですが、あの重そうな三脚とカメラ抱えてここまで来てるんですから、すごいですよね。

それでは先に進んでみましょう。

小沼湿原

これは休憩所を出てすぐの所にある小沼湿原ですね。

写っているのはすっかりお馴染み(?)のA氏です。

で、足元を見てみると・・・

ナガバノモウセンゴケ

ナガバノモウセンゴケ

その名の通りモウセンゴケの仲間でして、本州では尾瀬にしか生息していない(後は北海道だけ)珍しい植物です。

そしてこいつは食虫植物。

と、ここでA氏が「あ! あれ、虫捕まってるよ!」との声。

喜び勇んでアップで写真を撮ってみると・・・

捕食?

これは・・・・・枯れ葉?

o( ̄ー ̄;)ゞううむ

まぁ、野生の食虫植物を実際に見たのなんか始めての経験ですし、十分に満足ですね。

さて、現在歩いている尾瀬沼南岸コースなんですが、この小沼湿原を越えるとあとはひたすら山道となります。

早朝に降っていた雨の性で、物凄く足場が悪いです。

靴とズボンの裾を泥だらけにしながら、悪戦苦闘で前進前進。

ですが、そんな道のりの最中でも周りには面白いものが色々ありますね。

エゾイトトンボ

こちらはエゾイトトンボ。

非常に細いトンボで、飛ばれると肉眼でも追いかけるのが厄介でした。

で、微妙にピンボケ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

もっと倍率の高いレンズが欲しいな~

他にも、尾瀬には日本最小のトンボであるハッチョウトンボなども生息しているんですが、残念ながらそっちは見つけられませんでしたね。

どれだけ小さいかというと、頭の先から尻尾の先端までがすっぽりと一円玉に隠れてしまう大きさだっていうから驚きです。

アヤメの群落

岸辺のアヤメ群落。

対岸から見た大江湿原

そして、ふと視界が開けたところで見えた、対岸の大江湿原。

写真中央の黄色く染まっている所がそうですね。

あそこから歩いて来たのか~

AM9:40 三平下・尾瀬沼休憩所
標高1660m

これで尾瀬沼一周は完了したことになります。

で、時刻はまだ10時前なんですが、道すがら「午後から大雨らしい」という情報を得ていた一行は、このままいそいそと下山することに。

ちなみに尾瀬全域は携帯が圏外となるため、天気情報はラジオか人づてが頼りです。

AM11;50 大清水
標高1190m

という訳で、2時間ほどかけて来た道を引き返し、大清水の駐車場に帰還しました。

すると、車に乗り込んだ辺りで空から雨がポツポツと。

素晴らしいタイミング!

帰りがけに、近場の温泉でゆっくりしてきたんですが、その時には外はもう酷い事に。

復路ですれ違った人たちは大変だろうな~と思いつつ、ノンビリとお湯につかって帰ってまいりました。

おしまい



お付き合いありがとうございました。

次はどこに行こうかな~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 尾瀬

DATE: CATEGORY:尾瀬
左手薬指の爪を切りすぎたらしく、微妙な痛みが続いております。

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

いつも通りに切ったつもりだったんだけどな・・・



その壱

その弐

一通り大江湿原を満喫した一行は、そのまま尾瀬沼一周ルートに突入です。

大江湿原から尾瀬沼西端の沼尻休憩所までは、小さな湿原が点在するとても気持ちがいいルートです。

湿原

湿原!

この頃になると空はとても綺麗な青色に。

めちゃくちゃキモチイイです。

青空

でも、空を見上げると高空では物凄い速さで雲が動いていました。

晴れ間は長くは続かないか?

ちなみに、写真中央に写っているのが今回のPTです。

左からT氏、I氏、A氏。

往路の山道で「もう二度と来ねえっ!」と愚痴っていたA氏ですが、この頃になると「また来るか!」とにこやかに宣言してました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

足元を見ればそこにも色々な景色が。

湿原て感じ?

まさに湿原、って感じですね。

カキツバタ

こちらはカキツバタ。

たぶん

アヤメと見分ける自信がないです(;´▽`A``

ワタスゲ?

これはワタスゲ。

のハズなんですが、雨のせいで何だかみすぼらしい姿に( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

AM8:30 沼尻休憩所
標高1660m

尾瀬沼最西端となる位置にある沼尻休憩所に到着です。

沼尻休憩所

ここは尾瀬沼と尾瀬ヶ原を繋ぐ道の合流地点ともなるため、ものすごい人人人ですね。

流石は三連休の真ん中です。

次は平日に来たいな、と心で決意。

さて、ここまで来れば尾瀬沼も半周以上を歩ききったことになります。

残りも気を抜かずにいきましょう。

つづく



どうも写真を撮る時にカメラが右下がりになる傾向があることに気付きました。

撮影時に左足を前に出して半身になる癖があるんですが、それが影響しているみたいです。

コンデジ専門だった頃はそんなことも無かったんで、『ファインダーを覗き込む』という動作が原因なのかな?

まぁ、原因部分を取っ払う訳にもいかないんで、次回から意識して直して行きたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

タグ : 尾瀬 写真

DATE: CATEGORY:尾瀬
4月に書いた論文の査読結果が返ってきました。

結果はボツ。

あ~

なんか一気に力抜けますね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ



その壱

尾瀬沼休憩所を後にし、今回の目的地である、大江湿原に向かいます。

大江湿原に向かって

木道に沿って咲くニッコウキスゲ(黄色い花)が期待を膨らませます。

ちなみに尾瀬沼休憩所を過ぎれば、ここは既に福島県。

群馬から歩いて越境ですね。

そしてそして、ついに到着の大江湿原です。

どん

どん!

どどどん!

アップで

さらにアップで

これはノアザミ

大江川

大江川とニッコウキスゲ

もはや

なにも

語るまい ←この時点で結構満足

つづく

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

タグ : 尾瀬 群馬 福島

DATE: CATEGORY:尾瀬
やっとこさカテゴリの編集が終わりました。

編集とは言っても、ツリー表示に対応させて並べ替えただけでして、既存の記事に対するカテゴリの変更などは一切行っていません。

けどまぁ、『これから』の方に視点を移せばそれなりに使いやすくなったんじゃないかと思います。

それでは、遅ればせながら7月19日の尾瀬紀行を書いていきましょか。



今回のルートは大清水から入山し、大江湿原を経由、尾瀬沼を1周して下山というコースです。

では時系列に沿って。

AM 1:40 アパート出発

AM 1:50 大学到着
待ち合わせ10分前なのにすでに到着していたのがI氏。

暗い駐車場で外灯の下にポツンと佇み、変な自己啓発本を読んでいました。

傍から見たら完全に変な人です。

AM 2:15 全員集合
15分遅れでA氏、T氏も到着し、これで今回のメンバーは全員集合です。

聞けば、研究室でゴロゴロしてた、とのこと。

ゴロゴロしてるヒマがあるならもっと早くこいよ・・・

ってな訳で、A氏の車に荷物を詰め込んで出発です。

AM 3:55 セブンイレブンで食料&飲料水の調達
山の稜線が認識できるようになってきました。

日の出が近い。

AM 4:40 大清水到着
すでに周囲は明るいです。

この時間で第一駐車場は満車でした。

第二駐車場も半分ほど埋まっている状態。

すごいな~

AM 4:50 大清水出発
標高1190m

生憎の小雨が降る天気ですが、大清水を出発です。

大清水

ゲートを越えて砂利道を進みます。

右手は第二駐車場の入り口ですね。

AM 5:40 一ノ瀬休憩所
標高1420m

最初の休憩地、一ノ瀬休憩所に到着です。

一ノ瀬

歩き始めてから約50分。

地図に書いてある標準タイムが1時間20分ですから、かなり速いペースで歩いてきたことになりますね。

ここを過ぎれば間もなく砂利道は終わりを迎えます。

ここからが本格的な山道ですね。

道は一気に細くなります。

種落とし

緑のマットは外の植生を尾瀬に持ち込まないようにするための種落としです。

ここからは、木道が整備された山道をひたすら登っていくことになります。

登ります

濡れていてすべりやすいです。

ずんずん登ります

ズンズン登ります。

様相はなんだかジャングル。

前に見えているのは同行者のA氏です。

がんがん登ります

まだまだ登ります。

標高が上がって植生が変わってきたのが分かるでしょうか?

広葉樹林帯が終わり、針葉樹林が広がっています。

辺りには濃い杉の香り。

AM 6:30 三平峠
標高1762m

そして、今回のルートで最も標高が高い場所となる三平峠に到着です。

三平峠

ここから尾瀬沼まではあと少し。

AM 6:45 三平下・尾瀬沼到着
標高1660m

大清水出発から約2時間。

ようやく尾瀬沼に到着です。

こちらは三平下の休憩所。

三平下

この時間帯になって、ようやく空に晴れ間が見えるようになりました。

晴れろ~

つづく



研究室で育てているミニトマトに、ついに黄色い花が。

花!

まだ一輪だけですが、まさか開花まで漕ぎ付けるとは・・・

劣悪環境でも成長し続ける植物の力は偉大です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


copyright © それなりの毎日 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。